女性に多い更年期障害|症状緩和の秘密を大公開

誰でもなる可能性はある

下を向く女性

若い年代も注意が必要

一般的な更年期障害は40代半ばから50代半ばまでの期間に様々な症状があらわれることを指します。しかし、最近ではそれよりも若い、20代や30代でも更年期障害と同じような症状に悩まされている人も多くなっていると言われています。このような状態を「若年性更年期障害」と言いますが、その原因としては、過度なストレスや無理なダイエット、不規則な生活スタイル、食生活の乱れなどが挙げられます。これらの原因により、ホルモンバランスが乱れ、自律神経が乱れてしまうことにより、様々な症状があらわれるとされています。若年性更年期障害は、一般的な更年期障害とは異なり、生活習慣や体質を改善することで症状を回復させることが出来るとされています。

特徴とは

若年性更年期障害の特徴としては、20代から40代前半と比較的若い年代にも関わらず、のぼせを感じたり、注意力や集中力がなくなる、抑うつ症状、月経不順、食欲減退などの更年期障害と同じような症状が見られるということを指します。原因として、女性の場合は卵巣の働きが低下していること、卵巣の働きは正常であるにも関わらずホルモンバランスが乱れていることの2つの原因があるとされています。それぞれの原因に合わせた治療が行われます。なお、若年性更年期障害にならないためのポイントとしては、規則正しい生活を心掛け、ストレスを緩和することが出来るような趣味などを持つことです。さらに、身体に異常を感じたら、早めに病院を訪れることも大切です。